アーカイブ情報

2024/7/8

【高性能緩衝材】エプソン、WorldStar Global Packaging Awards 2024 で「Electronics 部門賞」受賞

 セイコーエプソン(以下、 エプソン)は、世界包装機構(WPO:World Packaging Organisation)主催の WorldStar Global Packaging Awards 2024 において、使用済みコピー用紙からつくったプリンターの高性能緩衝材としての包装材が『Electronics 部門賞』を受賞した。なお、同社のWorldStar Award の受賞は、2007 年の大判インクジェットプリンター用インクパッケージでの受賞以来、今回が 2 度目なる。2024 年 6 月 15 日にタイのバンコクにて授賞式が開催された。

受賞関係者

 

「ドライファイバーテクノロジー」を用いて製造した紙系緩衝材(白色部分)


 WorldStar Awards は、包装分野の国際組織である世界包装機構が主催するWorldStar Contest において、高い包装技術や優秀なデザインのパッケージに対して贈られる賞。世界各国・地域の包装コンテストで入賞したパッケージがエントリーでき、その中から審査・選定される。

 同社ではプリンターをはじめとする精密機器の包装用緩衝材には、従来、石油由来の素材を使用してきているが、環境に配慮し、資源循環を目指した紙系緩衝材を開発した。
 本緩衝材は、社内の古紙回収システムで収集した使用済みコピー用紙を原料とし、エプソンの独自技術「ドライファイバーテクノロジー」により、水をほとんど使わずに繊維化を行い、緩衝材として最適成形することで衝撃を吸収する効果を確保している。
 性能的にも、高性能な石油由来の緩衝材と同等以上の衝撃吸収性を持ち、緩衝距離を変える必要がなく、個装箱のサイズを変えずに済むことから資源の有効活用ができ、現在、プリンターの緩衝材に使用していく。
 また、組み立て式のため廃棄時に減容化でき、全体を紙としてリサイクルすることも可能です。これらの包装技術の高さと環境活動が評価され、今回の受賞となった。

 なお、今回受賞した包装材は、公益社団法人日本包装技術協会主催の「日本パッケージングコンテスト2023」で最高賞とされるジャパンスター賞(全 12 賞)のうちの一つ「公益財団法人日本生産性本部会長賞」を受賞し、さらにアジア包装連盟主催の「AsiaStar 2023 Awards」においても「TransportationPackage 部門賞」を受賞。そして「WorldStar Global Packaging Awards 2024」のElectronics 部門賞』における受賞が 3 件目で、エプソンの包装技術ならびに環境への取り組みが、日本、アジア、世界と広く認められる結果となった。

 エプソンは、今後も包装分野での資源削減や資源循環、リサイクルに努めるとともに、「ドライファイバーテクノロジー」の環境分野への応用や原料リサイクルなどの「環境技術開発」を推進して、資源循環に積極的に取り組んでいく。そして、長期ビジョン「Epson 25 Renewed」で定めた「持続可能でこころ豊かな社会」の実現を目指す。


カテゴリー
news
コンバーティングニュース
注目

PAGE TOP